日頃の釣行やどうでもいいことをづらづらと書いてます。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年06月26日

水田魚道

近年の水田は、当然ながら昔と違う。

田んぼ1つが大きくなり、重機での農作業がやりやすくなっている。

田んぼに水を入れるも止めるも蛇口操作だけのところも多い。
当然ながら水路はコンクリートで覆われている。

水田は米を作るのが一番の目的ですが、実は魚にとっても大きな生息場所を提供しているんです。

正確には提供していたんです。



水田と水路が自由に行き来できて、水路も土堀だった頃


水田は、ドジョウやナマズ、メダカの産卵場であり、稚魚の生息場所だったのです。


ナマズって本来は水田で産卵するんですよ!
だからって水田にトップウォーター投げちゃダメよ(笑)


水田に本来の役割を戻したいということで、こんなことをやってます。




水田と水路をつなぐ魚道です。

これが結構優れもの!
ドジョウやメダカがぐんぐん昇る!


水田に生き物が増え、網を持った子供達が遊べるような環境にしたいもんですね!  


Posted by MCC at 11:04Comments(6)